通院中ストレスをためないために実践していること
不妊治療

* 続 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)になっちゃった 〜通院でストレスを溜めない方法〜

こんばんは。
仕事が終わり、家事も片付き、やっとこさまったりタイムのぽんちゃんです(ノv`*)

旦那様とは休みが被らず、日常ネタがないので前回記事の続きを書いていこうと思います。

あわせて読みたい
*多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)になっちゃったこんばんは、 今日は多嚢胞性卵巣症候群と分かったときのことを思い出して書いてみます!! 私の生理不順はなんと高校生の頃から始まり...

多嚢胞性卵巣症候群と診断され、ホルモン剤で生理を起こさせていましたが、病む日も多々ありました。
そんな疲れたある日

もう病院いいや…自然に生理来ないし。

そう思って通院を辞めました。
そうすると、何ヶ月も生理が来ない私の身体(*゚д゚*)
生理痛もないし快適〜☆
そんなことを思えてたのも最初のうちだけ。
次第に痛くなる腰!腰!腰!

毎日が生理始まりの腰痛地獄の毎日になりました。
この時点で私は腰痛の原因が分からず、整形外科を受診するも
「とってもきれいな骨ですよ〜!」
と言われ、褒められたのに複雑。笑

段々と生理が来ない状態に不安を覚えてきた私はまた通院と薬の服用を始めるようになりました(*゚д゚*)結局

そしてそして、久しぶりに来る生理のつらさ!
出血も普段より多いし何日間か寝込みたいくらいだったなあ…。

生理不順とか妊活に集中しまくって悩んでストレスを抱えることは絶対によくないと思う。たまには目を逸らさなきゃだし、息抜きも大事だと思います。

ただ、生理は定期的に起こしておいた方がいいなーって実感した出来事でした。

通院でストレスを溜めない方法

病院でストレスを溜めない方法として、

  • 妊婦さんが少ない病院を選ぶ
  • WEB予約ができる病院を選ぶ

これが私にはとっても合っていました。
病院での待ち時間って結構ネガティブに考えが傾いてしまうのですが、上記の方法で通院のストレスがとても軽減されました!!
自分に合った病院を見つけることって大事ですねヽ(*^ω^*)ノ

待ち時間の対策として、本を読むこともオススメです。
私の場合は本や漫画を読んでいると、あっという間に時間が経ったりします☆

*妊活中にオススメの本*

K-1選手 魔裟斗さんの奥さんで矢沢心さんが書かれた本です。
長年の妊活で大変な苦労をされていたようですが、その中で心がけていたこと、気持ちの持ち方など
読んだら明るい気持ちになれる本でした。

私は電子書籍で購入して、いつでも読める状態にしています!
そのくらいお気に入りの本でした(*^_^*)☆
オススメです!!

それでは、また書きますね!
読んでいただいてありがとうございました^ ^