共働き夫婦*ぽんちゃんの不妊治療体験ブログ

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)から、結婚。卵巣過剰刺激症候群(OHSS)も経験。

タイミング療法 不妊治療 多嚢胞性卵巣症候群 過去編(社会人)

*卵巣過剰刺激症候群(OHSS)で卵巣腫大→13.8cmに… 入院期間はどのくらいなのー?( ;∀;)

投稿日:

生まれて初めての入院生活となりました。

結婚して半年ちょい。
家から病院まで片道1時間。

入院が決まったので旦那さまとしばしのお別れです( ;∀;)

永遠の別れでもないのに、

「お大事にね」

「気をつけて帰ってね、元気にしとくんだよ」

バイバイって手を振ってる時間が長い。
なかなか離れられない。

(と言っても私はベッド安静なので動けない。笑)

本当に帰りー!って言ってさよなら。

顔が見えなくなった瞬間うわーーーーって涙が出てきたなあ…。

そのままベッドでメソメソすること数分。

まさかの、主治医の先生が入ってきました。

うわ、ヤバイ!はずい!
ちょい待って!涙引っ込めーーー( ;∀;)

先生は、入院中の生活や治療方針について
話してくださいました。
毎回、何か分からないことはありますか?
と聞いてくださるとても優しい先生でした。

入院してしばらくはベッド上安静
トイレは部屋の中にあるトイレを使用
常に点滴
食事制限はなし
毎回尿量を測ること
1日1回の体重測定

このくらいだったかなー?

先生は、
卵巣の腫れは時間がかかっても必ず引いてくるから、
今はしっかり安静にするのがお仕事ですよ。

必ず治りますから頑張りましょうね!

まだ入院期間は何とも言えませんが、腫れが引いたら退院できますからね!

そう言われていました。

そして、母親が来てくれて、入院に必要な書類とかを書いてくれました。足りないものも買って来てくれて、本当助かりました。

「近いし、仕事終わったら毎日顔見にくるねー!」

そんな言葉をかけて帰りました。
言葉通り、1日を除いて毎日会いに来てくれて、
とても助けられました。
母が面会に来てくれるのが本当に楽しみでした^ ^

入院初日はこんな感じで終了…
と思いきや、夜に問題が発生しました。

点滴をずっとしてるせいか、
1時間に2回はトイレに行かなきゃいけませんでした( ;∀;)

卵巣が腫れて周りの臓器を圧迫して、おしっこがあまり溜められなくなってるんだな( ;∀;)!って勝手に思っていました。笑

当然眠れず。
同室の方にも申し訳ないと思いつつも
夜中に点滴のカラカラを引き連れて何度も何度もトイレへ。

眠れないし、歩くのしんどいし、
段々とこころが闇モードへ。笑

でもこれが私の今の仕事だーーと思ってなんとか乗り切りました。

短い睡眠を繰り返しながらでしたが、
翌日、日がさして来たときがとても嬉しかった(´;Д;`)

お日様の光ってなんだか明るい気持ちをくれますね♪

看護師さんがやってきて、
朝からすぐに、体温と体重の測定。
体重は今まで見たこともない数字を叩き出し、
改めて腹水が溜まっていることを実感。

うううーー(´;Д;`)

く、食えない…
お腹すいてないよお〜〜

と思いながら食べられそうなものだけつつきました。

お腹のハリは相変わらずでした。
ただ、下腹部の痛みが少し軽減したように感じました。

腫れが引いてきてるのかな??
なんて淡い期待を抱くのですが、身体の中のことなので見えません。分かりません。

悶々としながらも、この日は確か休みの日だったので診察はありませんでした。

そして、私……

なんと喉が痛くなってきました。咳も軽く出ます。

まさかのこのタイミングで風邪を引いたようです。
排卵誘発するにあたって、風邪にはかなり気をつけていたのに…気が抜けちゃったのかな(・д・`)

まだまだ赤ちゃんができてるかどうか分からなかったので、薬はもらわず、葉酸サプリを摂りながらジッと耐えておりました。

そんな感じで最初の3日間くらいは
かなり暇ではありましたが、なんとなく過ごせていました。

ただただ、卵巣過剰刺激症候群 で入院された方のブログや体験談を探しては読み漁り…一般的にはどのくらいで退院できるんだろうか?
点滴以外に方法はないのだろうか?

と…。
時間をもて遊ばしている分、かなりの検索魔になっておりました。

検索しすぎると不安が増してしまうこともありますよね(*゚д゚*)安心することもありますしね(*゚д゚*)

そんな感じで。相変わらずトイレばかり行き、
喉が痛いからお茶ばっかり飲んで、食欲は復活せずにほとんどご飯が食べれない…

旦那は心配しているLINEを送ってくれるけど、
仕事が夜中に終わるために仕事の日はお見舞いにも来れない。
会いたいなあ、
ベッド上安静だから電話もできないんだよなあ…
つらたーん( ;∀;)( ;∀;)

段々と色々なことで辛さが蓄積されてきました。

すると、旦那が出勤前に会いに行くね!
と言って往復二時間かかるのに会いにきてくれました。
このときは、とっても嬉しかったです。

ちゃんと家でご飯食べてるのか、元気にしてるのか、私もすっごい気になってた!!
顔見て話せるのがこんなに嬉しいことだとはね。( ;∀;)

そして私は面会中でもトイレへトイレへ立ってました。
トイレばっかり行っていたら、もう旦那が帰る時間に。
滞在時間は1時間もなかったかなー。

お仕事だもんね、仕方ない。

元気をもらってまたしばしのお別れ。
今回は泣かなかったよ!!

そして、ぽんちゃんの入院生活はまだまだ続くのであった。(-_-)ちーん

アクセス

住所
123 Main Street
New York, NY 10001

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土日: 11:00 AM – 3:00 PM

アクセス

住所
123 Main Street
New York, NY 10001

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土日: 11:00 AM – 3:00 PM

-タイミング療法, 不妊治療, 多嚢胞性卵巣症候群, 過去編(社会人)
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

*卵巣過剰刺激症候群(OHSS)重症化→入院 〜多嚢胞性卵巣症候群初めての排卵誘発で副作用〜

過去編続き。 卵巣の腫れがあり、痛くて歩くのが辛くなって会社を休み1日自宅安静。次の日もお休みいただき、丁度仕事が休みの旦那に連れられて病院へ行くことにしました。 このとき、自分でも入院になるかもしれ …

*旦那との出会い 馴れ初め編 (*´︶`*)

こんばんは。 今日は過去編の続きを書きます! ……なかなか不妊治療体験まで進みませんね(*゚д゚*) 不適切な惚気がありますので… 読んでいただける方だけお進みくださいね! 前回、婚活に励んで上手くい …

*交際〜結婚に向けて 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)を打ち明けるかどうか

こんばんは。 昨日はタイトルに結婚と入れておきながら、記事ではそこまで進まずにすみませんでした。 続きを書いていきますね(*´ー`*)!!! * * * 彼と付き合っている間に悩んでいたことがありまし …

*OHSS 入院生活最悪の夜から一夜明けて…

入院4日目は、お風呂に入れてサッパリしたにも関わらず、 片頭痛発作と過呼吸でパニックになり 睡眠剤を貰って眠ろうとしたのですが眠れず。 夜明けがとても嬉しかったです。 そんな次の日…!! 夜が明けると …

*転院を決めた日

退院後~仕事にも無事復帰でき、平和な日常を取り戻しました。 入院期間を通して気づいたことで、このときに気になっていたことは ・旦那と過ごした時間の短さ (少しの期間離れたことで、まだまだ夫婦というより …