共働き夫婦*ぽんちゃんの不妊治療体験ブログ

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)から、結婚。卵巣過剰刺激症候群(OHSS)も経験。

不妊治療 多嚢胞性卵巣症候群 過去編(社会人)

*OHSS 入院生活最悪の夜から一夜明けて…

投稿日:


入院4日目は、お風呂に入れてサッパリしたにも関わらず、
片頭痛発作と過呼吸でパニックになり
睡眠剤を貰って眠ろうとしたのですが眠れず。

夜明けがとても嬉しかったです。

そんな次の日…!!

夜が明けると吐き気も頭痛もほとんどなくなり、夜の最悪気分が嘘の様でした。

看護士さんたちに昨日はお騒がせしてすみませんでした。
そんなことを伝える気持ちの余裕も出てきていました。

睡眠不足やら不安や風邪の症状で身体はぐったりしていましたが、
携帯を見る気力も復活していましたので、母親に謝罪の言葉と自分の不調を連絡しました。

母はその日も来てくれると言ってくれました。

そして、仕事が休みの旦那からも連絡が。

風邪が悪化してかなりしんどい状態であると。

もう私は申し訳なさMAXでした。

タクシーでもなんでも使って
とりあえず、病院に行きなさい(/_;)

結果、熱が38℃あって点滴もして帰ってきたみたいでした。

帰宅した旦那にやっと昨夜のことを伝えると、

何で俺には話してくれんやった(/_;)(/_;)(/_;)(/_;)

としょんぼり。

そりゃあ、そんなこと言ったら無理して会いに来るでしょ。
まずは、自分の体を治しなさい(ー_ー)!!

そんなやり取りをしました。

私自身は、夜中と比べて気分が落ち着いていたのですが、
また昨夜のようなことを繰り返してしまうのではないかと
度々考え込んで不安になっていました。

とにかく主治医の先生に相談したい!!!

夜の時間だけでもいいから家に帰してもらえないだろうか…

そういう考えがグルグルしてしまい、
看護士さんに主治医の先生と少し話す時間がもらえないだろうかと相談しました。

普段は、かなり控えめな性格なので、
こんな我がままというか…自分から他人にお願いをするなんて
結構切羽詰っていたんですね。汗

看護士さんは先生に聞いてみますと快く言って下さり、
母親が来るタイミングで、一時帰宅について相談させていただくことにしました。

そして夕方、母親到着。
なんと、仕事を早退して早めに駆けつけてくれました(/_;)

今までなかったが、精神的に不安定な状態になってしまった。
病院には毎日通うから、退院か一時帰宅ができないだろうか?
そう尋ねてみました。

母も初めて先生から直接詳しい病状と経過を聞きました。
先生の回答は、

血液検査結果もまだ劇的には改善されていない状態なので、
血液も固まりやすい状態。
今リスクをおかして点滴を抜くのは辞めたほうがいい。
眠れないから精神的に疲れている部分もあると思うので、
尿管を通す選択肢もあると思う。

卵巣が8cm以下になるか腹水が抜けたら退院を考えていいと思うから
もう少し頑張りましょう!

そんな感じのことを言われました。

先生からはっきりと言っていただいて、
諦めもつきました。

今後出産とか母親になりたいのであればもっともっと大変なこともあるよ。
OHSSは必ず治るから、もう少し頑張ろうね。

頑張ります!
ぽんちゃんこのまま点滴を頑張ることを決めました。
尿管はどうしても抵抗があったので、このままにしてもらいました。笑

そして母はそのまま一緒にいてくれて、だんだんと外が暗くなってきました。

暗くなっていく外を見て思い出す昨日の夜。
あと1時間もしないうちに母も帰ってしまうと考えると、再び不安がぶり返してきました。

昼間はそこまでなかったのに、なんで(;O;)(;O;)

また息苦しくなってきて過呼吸再発です(*_*)(*_*)

夜になると不安に襲われるという
変な状態になってしまいました。

どうにか気を紛らわそうとするのですが、気持ちが落ち着かず。

母が看護士さんを呼び、一応血圧など問題ないことを確認してもらい(・_・;)

この日初めて、下の売店に行ってみていいよと言われました^^
気がまぎれるかもしれないからと^^

車イスを母に押してもらい、久しぶりに病棟を出ることができました。

早く元気になりたい!帰りたい!!
外の風が冷たくて気持ちい!!

段々と気がまぎれてきて、最終的には母から買ってもらって久しぶりに食べた
アイスがおいしすぎてゴキゲン(^O^)

ゴキゲンになったところで母を家に帰すことに成功しました!!!

この日は気持ちが落ち着いているうちに眠剤を飲んでなんとか何事もなく乗り越えることができました(*^_^*)

アクセス

住所
123 Main Street
New York, NY 10001

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土日: 11:00 AM – 3:00 PM

アクセス

住所
123 Main Street
New York, NY 10001

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土日: 11:00 AM – 3:00 PM

-不妊治療, 多嚢胞性卵巣症候群, 過去編(社会人)
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

*退院 その後の経過について

無事に退院できて、自宅安静となったその後 病院には確か3回通院しました。 まだ、血液検査の値が少し高めだったため、血液の検査と卵巣の大きさの確認でした。 卵巣が小さくなる途中で卵巣茎捻転という 卵巣が …

*転院を決めた日

退院後~仕事にも無事復帰でき、平和な日常を取り戻しました。 入院期間を通して気づいたことで、このときに気になっていたことは ・旦那と過ごした時間の短さ (少しの期間離れたことで、まだまだ夫婦というより …

*OHSSでの入院 8日目で退院できました

ご無沙汰のブログ投稿になってしまいました… なかなか続かないぽんちゃんです。 続きを書いていきます!! 段々と入院していたときの記憶が曖昧になってきております(;O;) 入院6日目? だったかな?熱が …

*旦那との出会い 馴れ初め編 (*´︶`*)

こんばんは。 今日は過去編の続きを書きます! ……なかなか不妊治療体験まで進みませんね(*゚д゚*) 不適切な惚気がありますので… 読んでいただける方だけお進みくださいね! 前回、婚活に励んで上手くい …

*卵巣過剰刺激症候群(OHSS)重症化→入院 〜多嚢胞性卵巣症候群初めての排卵誘発で副作用〜

過去編続き。 卵巣の腫れがあり、痛くて歩くのが辛くなって会社を休み1日自宅安静。次の日もお休みいただき、丁度仕事が休みの旦那に連れられて病院へ行くことにしました。 このとき、自分でも入院になるかもしれ …