共働き夫婦*ぽんちゃんの不妊治療体験ブログ

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)から、結婚。卵巣過剰刺激症候群(OHSS)も経験。

妊活 過去編(社会人)

*クリニック初診待ちの3ヶ月間のお話 ~仕事を辞めようと悩んだ日々~

投稿日:

もうしばらくは、旦那と2人でのんびり暮らしていこうと決めた私にとって、
クリニックの初診待ち期間については、

「正直、ホッとするな~。しばらくは妊活のこと考えずにまったり過ごそう…!」

という感じでそこまで苦に思いませんでした。(最初はw)

なのですが…

自分で決めたことのはずなのに、段々と気持ちが揺らいで焦ってくるのですな(;O;)

これが自分の悪いところで。
優柔不断で他人の意見に左右されやすい部分があるんですね。

何もせずに、待っている期間が長くなると段々と焦る気持ちが出てきました。

ちょうど妹も同じくPCOSで治療中だったのですが、
着々と治療を進めている様子や通院の大変さ。

情報交換をしていくうちに、なんだか湧き出る焦りと不安…笑

前の病院の治療の際にも、仕事しながら通うことがなかなか厳しいと思っていましたが
その感覚を思い出してしまいました。

家事、仕事、妊活

不器用で要領の悪い私にはできないんじゃないか。
ただでさえ、お弁当やご飯をさぼる日があるのに…(^_^;)

一度悩み始めると、沼にはまります☆

また、OHSSになったらどうしよう…
これ以上職場に迷惑を掛けたくないし、入院もする自信がないな。

いっそのこと、しばらく仕事を辞めるか減らすかして、
妊活に専念できないだろうか。

悩む毎日(ー_ー)!!
そこに、原因不明の体調不良が2週間程続き…
(メニエール病やら貧血の疑いといわれましたがただの睡眠不足だったのかもしれません(-“-))
数種類の薬を服用しながら、自分に自信が全く持てなくなっていました。

会社は休むし、家事はさぼる。
社会人としても妻としてもこれってどうなんだろう。

一度、ゆっくり体調を整えて、薬を飲まなくても平気なところまで
元気になりたい。

そう考えた私は、旦那に仕事を辞めたいと相談しました。

・無理なく、病院に通いたい
・また、副作用が出るのが不安。何かあった時に、いつでも病院に行けるようにしたい
・体調がよくない。この状態で妊活する自信がない
・数か月休ませてもらって、次は時間を減らしてパートタイムで働きたい

今考えても、この頃はだいぶ病んでいて、自分に自信がない時期でした。
まだ、通院も始まっていないのに、通い始めたことのことを想像して
不安になってしまっていました。

旦那は、自分の体を一番に考えていいよ、と言って
私の考えを理解してくれました。

こうして、仕事を辞めたいと上司へ話すことになりました。

このときはじめて不妊治療について打ち明けました。

上司は、もう一度ゆっくり考えてきてほしい。

週明けにもう一度面談しようか、と言って下さり、終了。

男性上司へのカミングアウトはかなり勇気のいることでしたが、
話せて少し気持ちが軽くなった部分もありました。

週明けも気持ちが変わらなかった私は、すみませんと伝えたのですが、
もう一人の上司が休職を提案して下さいました。

また持ち帰って考えてくることになり
段々と、仕事を辞めることに不安を感じてきた私は(←おいおい…)
もう一度、旦那、親、妹、友達に相談しながら考え直し始めました。

この頃体調不良が突然改善した私は、前向きな気持ちを取り戻しつつ
ありました。

本当に自分の体調や不安で周りを巻き込んでしまい、
申し訳ない気持ちでいっぱいです。

仕事を辞めると、お金の心配が出てきますし、
新卒で働かせていただき、旦那とも会えて、こんな私に
休職という形でも居場所を残してくださることを提案して下さった
愛着のある会社です。

自分はなんで、通院も初めていないのにこんなに想像で不安になってしまったんだろう。

一度新しい病院で治療を始めてみてから考えてみてもいいのではないか?

正直、一度辞めるといったのだから覆してはいけないという気持ちもありました。
そこまで気持ちが定まってから上司へは話そうと思っていました。
そして、自分の決心も強かったはずでした。

……覆してしまいました…。

上司二人へは、振り回してすみませんでした。また頑張らせてください!
そう伝え、上司は、「よし!!^^ よかった!」
と言って下さいました(;O;)

休職については、通院が始まってから必要があれば相談させてくださいと伝え
落ち着きました。

かなり周りを振り回してしまい、自分の精神的な未熟さを感じ、
正直忘れたい過去なのですが、
不妊治療のことを会社に伝えられたのは、プラスだったなと思います。

本当にすみませんでした。

アクセス

住所
123 Main Street
New York, NY 10001

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土日: 11:00 AM – 3:00 PM

アクセス

住所
123 Main Street
New York, NY 10001

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土日: 11:00 AM – 3:00 PM

-妊活, 過去編(社会人)
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

*いざ、不妊治療開始!まずはタイミング療法〜多嚢胞性卵巣症候群に負けないぞおおおお(`_´)〜

こんにちは、 日曜のお昼ヽ(*^ω^*)ノぽんちゃんです。 過去編の続きを書きます。 やっとこさ、不妊治療記事まで進みたいと思います!!! 余震も少しずつ減りましたが、引越し業者も影響を受けていて段取 …

*不妊治療へステップアップ 〜婚活体験記〜

こんにちは。 またまた前回の続きを書いていこうと思います。 今回は、妊活への最初のステップ 婚活編です^ ^ 前々回のブログで、多嚢胞性卵巣症候群と診断され結婚の予定や不妊治療へ進むことを勧められてと …

*退院 その後の経過について

無事に退院できて、自宅安静となったその後 病院には確か3回通院しました。 まだ、血液検査の値が少し高めだったため、血液の検査と卵巣の大きさの確認でした。 卵巣が小さくなる途中で卵巣茎捻転という 卵巣が …

*OHSS 入院生活最悪の夜から一夜明けて…

入院4日目は、お風呂に入れてサッパリしたにも関わらず、 片頭痛発作と過呼吸でパニックになり 睡眠剤を貰って眠ろうとしたのですが眠れず。 夜明けがとても嬉しかったです。 そんな次の日…!! 夜が明けると …

*多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)になっちゃった

こんばんは、 今日は多嚢胞性卵巣症候群と分かったときのことを思い出して書いてみます!! 私の生理不順はなんと高校生の頃から始まります。当時はまだ生理周期が安定してないのだろうという気持ちと産婦人科に抵 …