通院中ストレスをためないために実践していること
不妊治療

*クリニック初診日の話

こんばんわ。

これから頑張って更新するとか書いてた最後の記事(12月)から4か月経ちましたね(;O;)

その間、初めてのコメントも頂き、嬉しかったぽんちゃんです!

張り切って思い出して書きましょう!

あわせて読みたい
*クリニック初診待ちの3ヶ月間のお話 ~仕事を辞めようと悩んだ日々~もうしばらくは、旦那と2人でのんびり暮らしていこうと決めた私にとって、 クリニックの初診待ち期間については、 「正直、ホッとする...

クリニック初診日は昨年の梅雨の時期でした。

3ヶ月待ちでしたが、やっと連絡があり日程を確認するとなんと、その日は奇跡的に

休日出勤日!!!!!!!!!!汗

泣く泣くまた次回の連絡を待つはめになった苦い思い出をついさっき思い出しました!笑

そんなこんなで2週間程後に無事に連絡を貰い、

今度の日程はなんと旦那の休みと被ってる!!(^O^)

事情を話すと一緒に来てくれることになり、何とも心強かったのです。

クリニックはとてもきれいな感じで若干気分が高まりました。

(今じゃあそんな気分にもなりませんが……コラ)

受付を済ませると、

「ご主人様も一緒でしたら、ご主人様の診察券も作らせていただいてもよろしいですか?」

とのこと;;;

なんでなんで???と思っていると、

精液検査などをもしなされる場合には、今回一度問診をしておくと2人で来れない場合でも奥様に持ってきていただくことができます

ということでした。休みが被りにくい私たちにとっては朗報です。

一緒に来れて良かったなーと思いながら、二人でそれぞれ問診票に記入しました。

色々記載する欄がありましたが、私は卵巣過剰刺激症候群になって入院したときのことを詳しく記載しました。知っててもらうと治療法も考慮してもらえるのかなー?という考えでした。

ふっと隣を見ると何やら困惑している旦那。

問診票を除くと、なかな答えづらいような質問が何項目も書かれていました。

男性は大変ですね^^;

問診票を記載してからは、1時間ほど待ち、いざ診察へ!!

まず最初に不妊症の話、これからの治療の進め方について

15分ほどかけて丁寧に説明して頂けました。私に関しては、以前通院していた病院でのエコー、血液検査のこともあり、多嚢胞性卵巣症候群不妊の原因となっている可能性が高いと言われ、他にも原因がないかどうかの検査と治療を並行してすすめていくことになりました。

この日も当日できる検査を早速受けて下さい、とのことで

血液検査とエコー検査を受けて帰りました。

続きは、次回★★