通院中ストレスをためないために実践していること
OHSS

*採卵翌日からOHSSの予感 お腹の張りと痛みのコンボ!

前回の記事はこちらです↓

あわせて読みたい
*オビドレルの自己注射から初めての採卵まで前回の記事はこちらです。 https://www.miya-cn.com/2018/11/07/%ef%bc%8a%e6%8e%a...

採卵翌日

採卵当日から耐えれる程度のお腹の痛みがありました。
翌日からはお腹の張りも復活(;´・ω・)

OHSSの予防薬として処方されたフェマーラを祈るような気持ちで飲んでいました。

明日はクリニックで診てもらえる日だからきっと大丈夫!
そうやってOHSSへの恐怖心を落ち着けていました💦

採卵翌々日 クリニックへ

念のため、簡単に入院の準備はして車に荷物を積んでおきました。

内診の結果告げられたことは、卵巣が10㎝程の大きさに腫れていることと、多くはないが腹水が溜まってきているとのことでした。

OHSSは生理が来れば症状が落ち着きます。
症状が酷くなるようであれば、すぐに病院に連絡をするようにして下さい。

はい、やっぱり卵巣過剰刺激症候群になってしまいました(; ・`д・´)💦

先生からの話が終わり、即入院と言われなかったこと前回OHSSになったときと比べて卵巣の腫れが小さいことで少し安心して帰宅しました。

いや、10㎝の腫れって結構酷いんですけどね(;^ω^)w

帰宅して、その日も1日安静に。

そして、夜……。
相変わらずのお腹の張りでなかなか眠れず、寝返りする度に息苦しさを感じていました。

まだまだOHSSのピークを超えていないんだろうな…
明日もこの調子だったらクリニックに連絡してみよう!

そう考えていました(;´・ω・)💦
そして、採卵後4日目の日に緊急入院が決定します~~(;^ω^)

長くなりそうなので、続きは次回へ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です